Flo by Flo in
Valorant

VALORANTは第三幕に突入! しかし、第三幕ではどうなるのでしょうか?その概要をお伝えします。

水曜日の夜に暴動ゲームはVALORANTの第三幕を開始しました。そして、第三幕には様々な工夫が施されています。

新しい地図のアイスボックス
何よりもまず、Iceboxを使った新マップがあります。このマップは、非定格モードのスパイクラッシュとデスマッチで最初にテストされています。おそらく10月27日にはランク戦モードでのマップ導入が予定されていると思われます。もちろん、専用コンテンツや50段階のレベルアップが可能なバトルパスも新たに用意されており、1000ヴァラントポイント(ほぼ10ユーロ)でアップグレードすることができます。

act 3のアップデートは、サイズが1.6GBとなっています。

アップデートでランクインしたモード
第3幕のランクモードについては、ライオット自身が「第3幕ランクバッジの真ん中が9番勝負」と書いています。バッジの一番上には、自分が達成した最高ランクも表示されます。バッジはプレイヤーカードの以下の場所にのみ表示されます。評価されたロビ、ロード画面、ゲーム内戦闘レポート、ゲーム終了時のMVP”

また、水曜日からはランク間最大3位までのランクロビーのみも可能となります。つまり、ダイヤモンド3のプレイヤーは、せいぜいプラチナ3のプレイヤーとしか一緒にプレイできないということです。前回までのギャップは6ランク。

ランク「Immortal/イモータル」以降は、昇格・降格のための勝利、敗北、総合成績のみが評価されます。個人のパフォーマンスはもう影響力がありません。

デスマッチのプレイヤーをもっと見る
デスマッチのプレイヤー数を10人から14人に増やしました。さらに、ロケーティングパルスがミニマップ上に表示されるようになり、産卵中にしか見ることができなくなりました。さらに、最大40枚のフラグ(30枚の代わりに)がプレイできるようになりました。

フラッグ後、武器は自動でリロードされ、アレスとオーディンは30発の弾丸が戻ってくる。また、試合期間が長くなった分、勝利時のEPが900になりました。

他のすべての新機能については、Riot Gamesからの投稿に詳細が記載されています。中でも、トーナメントモードが改訂され、12人のオブザーバーが可能になりました。

新人エージェント・スカイ
演技のたびに新しいエージェントが登場します。スカイは回復することができ、敵を追跡することができます。新人エージェントの情報は全てここにあります。ヒーラーは10月27日にゲーム内で紹介されます。

Share Post:

Related Posts

No Comments

Leave a Reply